一人旅の記録

一人で行動することが好きな20代男性の記録です

東京一人旅8~渋谷区 渋谷は店がありすぎて結局博多ラーメンに行きつく法則

1か月ほど前にも渋谷で一人晩飯を食べた記事を書いたのだが、その時と同じく今回も入ったのは博多ラーメン屋さんである。

しかも値段の方も前回と同じ500円で、替え玉も同じく一玉まで無料だった。

前回は500円というラーメン屋さんにしては安い値段に釣られて入ったのだが、意外と渋谷の博多ラーメン屋さんの基準値は500円ぐらいで、替え玉は一玉まで無料がデフォなのか?

そう考えると、とりあえず何でもいいからラーメンを食べたいなら渋谷はうってつけの街で、ついでに渋谷は色々と店がありすぎるから結局安牌の博多ラーメン屋さんに行きつく。そのような法則が何だか僕の中で出来つつあるような気がする。

 

f:id:naokimurakami:20170731210006j:plain

前回はセンター街の地下にあるお店であったが、今回は南口の方にある、店内が外にむき出しになっているお店に決めた。

まるで博多の屋台を想起させるが、博多ラーメンを食べるにはこっちの方が風情が良い。

またこういうお店柄、店には仕事帰り(飲み会帰り?)のサラリーマンが多く、ガヤガヤとした感じの雰囲気だったが、僕は無理にお洒落感を出してるラーメン屋よりも、こういう雑多な感じのラーメン屋さんの方が好きだな。

 

f:id:naokimurakami:20170731211430j:plain

注文したのはもちろん一番安い値段の博多ラーメン。

替え玉も当然頼み、スープも最後まで飲み干して、500円で十分お腹いっぱいになった。

味の方は、具は前回のラーメン屋さんとそう変わらなかったような気がするけど、煮卵がある分こちらの方に軍配か。

スープについては、今回のラーメン屋さんの方がまろやかさが感じられて、前回よりも旨かったかな。

まあいずれにせよ、博多ラーメンはスープが旨い。この1か月の渋谷での食事で、僕の博多ラーメンに対する定義付けが確定した。

 

こうなってくると、次もまた渋谷での食事は博多ラーメンになりそうだが、他に食べたいと思う店も思いつかないし、多分そういうことになるだろうな…。