一人旅の記録

一人で行動することが好きな20代男性の記録です

東京一人旅10~新宿区 第99回夏の西東京大会決勝「早実×東海大菅生」観戦記 その2

午後1時10分、試合開始。

先攻は東海大菅生

対する早実の先発は二年生の雪山。

この選手、今春まではキャッチャーを務めていたのだが、投手力不足に苦しむチーム事情を勘案し、和泉監督がこの夏からピッチャーに大抜擢したそうだ。

すると、このコンバートが見事的中し、雪山は決勝戦までの5試合をほぼ一人で投げ抜き、失点は一試合につき2点以内と、安定した投球を披露。早実がこれまでチームとして最も不足していた投手力を見事補填する活躍を見せ、一躍早実優勝のためのキーパーソン的存在となった(ちなみに投手経験はこれまで全く無かったわけではなく、中学時代はエースとして全国大会まで進んだ経歴もあったそう)。

 

~以下、野球未経験者によるイニングを追った感想~

 

1回表

右上手投げの雪山は、まずは1番・田中を右飛に打ち取る。続く2番・松井はタイミングが合っていないように見えたものの、当てただけになった感じのゴロが遊撃の深い所へ上手く転がり、内野安打。早実としてはこの選手はしっかり抑えておきたかったな、と思っていたところ、続く3番・小玉へは初球を当ててしまい、1死1,2塁と得点圏に走者を背負う。東海大菅生としてはチャンスのこの場面で、4番・片山がきっちりと応え、初球を中前適時打。東海大菅生が1点を先制したが、早実としてはタイミングの合っていなかった2番打者を塁に出させてしまったのが結果的に点に繋がり、勿体なかったように思った。続く5番・奥村は打ち取ったものの、6番・佐藤の打球はまたもや遊撃への深い当たりのゴロ。これを捌いた遊撃手から一塁への送球は低く微妙なタイミングだったが、一塁手・清宮が股を目一杯割ってこの球をしっかり捕球。結果はアウトで、清宮の好捕もあり早実はこの回を1点で切り抜けた。

 

1回裏

東海大菅生の先発は雪山と同じく右上手投げの松本。この選手、背番号が11だったので、前情報を全く知らない僕は東海大菅生はここまで継投で勝ち上がってきたのかな、と思っていたが、実際は年明けの怪我が影響して止む無く背番号11をつけただけらしく、準々決勝の日大三戦では先発し8回を無失点に抑えたそう。

そんな松本の立ち上がりは、1・2番へは上手く制球が定まっていなように見え、実際1番・橘内へは頭に向かっていく危ない球もあった。しかしその球はバットに当たってファール。結果的に橘内は遊ゴロに打ち取られ、2番・雪山も右中間への大飛球を好捕される。表に続いて裏も早実のツキがあまりないように感じたところで、注目の3番・清宮がバッターボックスに入る。

f:id:naokimurakami:20170802214804j:plain

しかし、この清宮の打席から松本の制球が定まってきたように見えた。実際後で映像で見返してみても、これまで高めに浮いていたボールがしっかり低め低めに制球されていた。結局、清宮の第1打席は一ゴロに打ち取り、松本は初回を見事三者凡退に切って取った。

 

2回表

東海大菅生の攻撃は7番・牛山から。1死から8番・鹿倉が内野安打を放つものの、得点には繋がらず。雪山はこの回無失点で抑える。

 

2回裏

早実と言えばとにかく清宮がクローズアップされがちだが、個人的に清宮以上に打ちまくっているように感じるのが、4番を打つ2年生の野村だ。この試合も第1打席の初球から積極的に振りにいき、左前安打。続く5番・西田がしっかり送り、1死2塁と得点圏に走者を進める。このチャンスに6番・小西は三振に倒れたものの、選抜まで1番を打っていた7番・福本は右中間へ大きな当たり。これが適時三塁打となり、早実は1点を返し同点に追いつく。なおも走者3塁のチャンスだったが、8番・生沼は三塁へボテボテのゴロ。これを東海大菅生三塁手・奥村が良く捕ってジャンピングスロー、見事アウトにし、東海大菅生早実の反撃を同点に止めた。

 

3回表

東海大菅生の攻撃は2番・松井から。初回は全然タイミングが合っていないように見えたこの選手だが、この打席は二ゴロに終わるも徐々にボールを捉えられるようになってきているように見えた。初回デッドボールだった3番・小玉は中前への安打。しかし、4番・片山、5番・奥村は共にフライに終わり、東海大菅生はこの回も安打を出したものの無得点に終わる。

 

3回裏

早実の攻撃は9番・野田から。この回は一人でも塁に出れば、清宮に走者を置いて打席を回すことができるチャンスだったが、結果は三者凡退に終わる。

 

4回表

東海大菅生は6番・佐藤からの攻撃だったが、6,7,8番とも塁に出られず。雪山はこの試合初めて三者凡退に抑える。

 

4回裏

f:id:naokimurakami:20170802222646j:plain

この回は3番・清宮から。菅生バッテリーはカウント3-0となったところで無理せず歩かせる。

f:id:naokimurakami:20170802224621j:plain

先ほども安打を放っている4番・野村は、この打席も左翼へのゴロ安打で繋ぐ。無死1,2塁のチャンスで打線は下位へと回っていくが、早実の強みはこの下位打線でもしっかり点を取れることだ。僕が昨秋観戦した日大三との都大会決勝でも、清宮が5三振と完全に封じ込まれたにも関わらず、4番・野村以降がしっかりと繋がり、結果的に好投手・櫻井から8点も挙げることが出来た。

f:id:naokimurakami:20170802224659j:plain

(ピンチにこの試合初めての守備のタイムを取る東海大菅生)

早実としてはまずこの回が一つの勝負どころという中で、5番・西田は送りバントの構え。やはりここは定石通り送って来るか、と思ったらバットを引いて意表を突いたスイング(結果は空振り)。さすが早実、積極的な攻撃に出るなと思ったが、次の球は送りバントの構えからそのままバント(結果はファール)。 ??? 最初から送る気でいるのなら、カウントを悪くするだけだし、ここは最初から素直にバントさせればいいのに、とこの采配には疑問を禁じ得なかったが、結局その後もバントの構えを見せ続け、最終的には見送りの三振。何か作戦に方向性が見えないまま失敗に終わってしまった感じだな~、と早実に少し悪い流れを感じていたが、結局6番・小西は二飛、7番・福本は三塁へ大きく跳ねた当たりを三塁手・奥村にまたもや上手く捌かれスリーアウト。逆転のチャンスを生かせず早実は無得点に終わる。個人的にはこの回の奥村の好プレーが、後々の展開を考えて非常に大きなプレーになったように感じた。

 

続く